2017年10月末日から使用開始した新基幹業務システム。
それに伴い、すべてのクライアントPCも最新NET Frameworkが動くWindows10機に買い替えました。

そんな中、僕のパソコンだけは古いまま!
理由は、社内で唯一のMS-Access2003インストール機だから。

僕、どうしてもAccessのリボンインターフェースが好きになれない。

自宅ノートPCにAccess2013、自宅デスクトップにAccess2016をインストールして慣れる努力をしているが、どうしても無理。嫌い!

Access2003なら1時間で作れるソフトが、Access201xだと1個のボタン探すだけで10分20分かかり開発が進まない
どこに何があるのかサッパリ分からない!

表示中のテーブルをソースにした新規クエリ作成ってどうするの?新規フォーム作成は?レポート作成?テーブルを別名保存する方法すら分からない。Access2003ならワンクリックで出来るのに!
リボン嫌い


外国のことわざ「老犬は新しい芸を覚えられない」
とうとう私も老犬の仲間入り・・・・・

特に使いにくいのがレポート機能
表示中のモードでリボンが大きく変わり、常にボタンを探してばかり・・・ リボン嫌い!一番わからないのがレポート機能

 

新システムにはXLSXデータのインポート機能もあり、作業PCにOffice2016がインストールされていないと不便でしょうがない。

Access2003 リボンインターフェース 慣れるには」で夜な夜なGoogle検索

その際、下のページを見つけました。
なぜ私がリボンインターフェースを無意識に拒絶するか、理由がわかったような気がします。

[使いこなし=慣れ=手抜き Office のリボンメニューが不評な理由—-GEEK_Vista]

生物は最も少ないコストで目的を達成するように活動する

脳の省エネ術・・・・・
使い慣れた環境だと疲れないのは、一つ一つの操作の際に画面を眺めて何かを探したり読んで判断したりしなくてもいいからだ。
リボンUIは今の状態を意識し、理解したうえで、意味を考えてタブを選び、機能を読んで、解釈し、選ぶときに効果的に作られているのだ。
アクティブにしている対象によって勝手にコロコロとメニューが変わってしまうので、一々リボンの状態を確認しなければならない・・・・・・・
「見て、読んで、考えて、判断する」という高いコストを強いられる

リボン操作すると妙に疲れるのは、慣れてない上に脳が無駄に使わされていたんですね!

[リボンの失敗—-OFFICE TANAKA]

リボンが目指したのは結果指向のUIです。「○○を××したい」と思ったとき、その操作の結果から目的のコマンドが探せる・・・
誤ったグループに分類されたコマンドを見つけるのは、砂漠で針を探すようなもの

そうそうその通り!
特にAccessは機能が多い。恐らくEXCELの10倍以上は有る!
EXCELにはワークシートビューしか無いが、Accessの操作画面は無数!
テーブル画面、クエリー画面、フォーム画面、レポート画面、マクロ画面、モジュール画面、そしてVBAエディタ画面。
その上で一部の画面には複数の表示モードが有る。
データシートビュー、表示ビュー、デザインビュー、そのそれぞれでアイコンが違う!

この大量アイコンを、あの狭いリボンに収めるのは最初から無理!
絶対、無理!

[Microsoftは“UI音痴”なのか? (2/2)——ITmedia]

OfficeのリボンとWindows 8の開発責任者は同じ人なのです。スティーブン・シノフスキー氏・・・・・・・・・・Windows 8リリースの直後に退社
本当の理由は分かりませんが、私としては、スタートメニューについてはプレビュー版の時点から大騒ぎになっていたにもかかわらず、そのままリリースを敢行したことも要因の1つなのではないかと、勘繰っています。

私が大嫌いなもの2つ『リボンインターフェイス』と『Windows8 Metro UI』って同じ人が考えたのね!
両方とも使い難くて最悪
その責任者、Windows8の失敗でクビになってる!
だったらリボンも元に戻して、お願いマイクロソフト様

んんん~、Access2003でも仕事がスムーズに出来ないし、Access2016でも仕事出来ない!
困ったよ......

(113 views)

This article has 4 comments

    • かたべ Reply

      Cさんへ

      情報ありがとうございます。
      このソフト知ってます。
      残念ながらこれAccess2016には対応していません。
      Accessはメニュー構成が違うのか独立したソフトが公開されています。
      でも、対応はAccess2010まで!
      「クラシックスタイルメニュー for Access 2010」

      海外製でAccess201x用が有りましたが、有料だしセキュリティ面で怖いので試していません。
      http://www.addintools.com/office2010/professionalplus/index.html

      お願い:
      今度チャンスが有ればCさんのSQLシステムを見学させていただきたいです。
      ご検討ください。

  1. C Reply

    お疲れ様です。

    確かによく見るとaccessは2010のみでしたね。

    見学の件は、上司に確認して見ないと判りませんが可能だと思います。

    先日、1月5日に常務さんと久しぶりにお会いしたので多分誰かは判ると思いますので
    そのルートで依頼して頂ければと思います。

    よろしくお願いいたします。

    • かたべ Reply

      時間が出来れば、上の方の許可を頂き見学しにお伺いしたいと思います。

      その日を楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。