2017年10月31日(火)、社運が掛かった新システムの使用を開始しました。

20年以上使い続けたCOBOL製の古い古いオフコンシステム。
ここ数年とっても調子が悪いので、1年前システム再構築を決めました。

お願いするソフト屋さんを決め、打ち合わせを繰り返し、2017年10月1日使用開始予定で今年2月開発スタート。

待望の新システムは、今風のC#製クライアントアプリ+SQLサーバのサーバクライアント方式。

この間、システム再構築の為に既存システムをベースに依頼書を書いて、書いて、書いて・・・・
パワーポイント120ページ!

で、9月頭にプロトタイプが完成したんだけど・・・・

「あれ、こんな仕様頼んだっけ?」と目が点になることばかり!
テストする度に、冷や汗がどっと出てくる怪しい仕上がり(やっちゃったかも・・・・)

初めの要望

10月1日使用開始を諦め、今度は修正依頼を書いて、書いて、書いて・・・・
パワーポイント80ページ!

そして、ようやく10月下旬に安定化したかも・・・(ほっと)

修正依頼


システムが安定したので1ヶ月遅れの2017年11月1日使用開始を決定!

最初の業務は、10月31日に行った11月1日日付の出荷伝票発行。
十数枚の伝票は、無事に発行出来まずまずのスタート!

で、いよいよ本格稼働日11月1日の朝が来た!

1ヶ月間、使用開始を遅らせテストを繰り返したので、当日は数個のバグが見つかったが、全体的にはスムーズな船出になりそう・・・・・

と思ったら、大きな落とし穴が見つかり大混乱!

恥ずかしながら、その原因は僕!

開発費を節約する為、得意先が採用する複数のEDIシステムとの連携部は新システムには持たさず、既存の自家製MS-AccessMDBシステムをそのまま使うことになってました。

そのプログラマーが僕!

忙しくて自分のAccessプログラムを作り直す時間が無く、データソースを従来のローカルJETからODBC経由のSQLサーバにテーブル名と項目名をチョコチョコと変更したただけの手抜き作業をしてしまいました。

最終的に、1チェーンの全店でEDI伝票が発行出来ず仮伝納品!
その夜、プログラム修正が完了しEDI伝票が発行できるようになりました。

結局、初日に足を引っ張ったのは三流プログラマーの僕でした(反省)

(34 views)

This article has 2 comments

  1. C Reply

    システム移管おめでとうございます。

    お疲れ様でした。

    これでしばらくは安心してシステム運用出来ますね。

    流通関係のシステムは毎日のデータ量が多いうえに毎日ストップできないといったことが
    あるので古いシステムでの運用は心もとないですね。

    これからもシステムのグレードアップを重ねていいシステムを作ってください。

    • かたべ Reply

      C様

      あたたかいお言葉、ありがとうございます。

      社運の掛かった大事業、初日に僕原因のトラブルが有りましたが無事に船出できました。

      まずは、最初の請求書が出る月末までは緊張感を持って新システムの様子を見守りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。