安価なAndroidスマホをハンディーターミナル(=受注端末)として使えるようにするアプリを作ろうと申込んだ有料オンラインアプリ開発環境サービス「AI2LiveCompleteクラウド」

初回登録費:69ドル+月額利用料5ドルを払って3週間が経ちました。

取りあえずの目標、受注アプリより入力項目の少ない棚卸アプリを構築中なのですが、なかなか完成できない。

エミュレータ上で正常動作してると思い、試しに実際に倉庫で商品を数えてみると想定外のエラーが続発し作り直し。

何度目かの手直しを繰り返し、すべてのバグを潰したはずのアプリを同僚に使ってもらうと・・・・

エラー、エラー、エラー

また、手直し、手直し、そして手直し。

んんんん・・・、疲れてきた:-(

そして今日、今度の今度こそ完成だと最新版をNexus7にインストールして倉庫で使ってみました。

がーん、データが消えた!

1時間の棚卸内容が一瞬で消えちゃった・・・・・

調べてみると致命的なバグを発見!
また直さねば・・・

アプリ開発はまるで蜃気楼
完成に近づこうと頑張ると、近づいた分だけ多くへ逃げていく:-(

手ごたえは有る。
あと数回手直しすれば完成するはずなのに・・・・

棚卸アプリが完成すれば、それに荷姿・単価・値引情報の入力項目を追加すれば受注用ハンディーターミナルアプリも完成する。

もう少し粘れば蜃気楼に手が届く(はず)

開発中の棚卸アプリ(僕の4.7インチ液晶に最適化させた画面)
AppInventorでハンディーターミナルアプリ開発:棚卸画面完成までもう少しのハズ

・タイムピッカーを使った指定納品日指定
・Androidキーボードを非表示にし独自ソフト10キーボードでの入力
・得意先コードの補完での得意先マスター参照
・6桁商品コードの補完、ITF14、ITF16対応での商品マスター参照機能
・スマホカメラを使ったバーコードスキャン(連続、マニュアルスキャン切替可)
・bluetoothバーコードスキャナー対応
・商品名複数キーワード検索機能。
・棚卸明細テキストファイル出力。
・棚卸明細メール送信
・入力済み棚卸明細の参照、修正、削除機能
・削除パスワード付全行一括削除
などなど思いついた有りったけの機能を盛り込んでいます。

それに伴い、バグも増加傾向・・・・・・

ブロック数が増え続けています
27インチか32インチ液晶が欲しいよ!

自宅の23インチ液晶では小さすぎてプログラム全体が見渡せなくなりました。
AppInventorでハンディーターミナルアプリ開発:棚卸画面完成までもう少しのハズ

ちなみに、マスターインポート機能も超複雑になってしまいバグが消えない!
bulk importファイルを作るAccesVBAも相変わらず安定しない。

あっちにも、こっちにも、バグ、バグ、バグ。

(100 views)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。