[EDI準備]同業他社システムさんと意見交換!衝撃の現実が・・・

得意先の新EDIシステム切替日が決まった!

やばい
早くEDIプログラム、完成させないと怒らえる!

「お盆商戦」「お中元商戦」「猛暑需要」「増税前駆込み需要」「軽減税率対応ソフト動作検証」などなど、忙しすぎて後回しにしてた2件のEDI受注システム開発!

1社は、自社開発を諦め外注(数百万の見積もり、高すぎないか?)

もう1社は、仕事の合間と寝る間を削って開発中(疲れたよ)

言い訳ですが、たかがEDI開発
するこは基本4つ
1:受注データ(テキストファイル)インポート
2:実出荷数入力画面作成
3:実出荷数を印字する納品書レポート作成
4:アップロード用EDI実出荷数データ(テキストファイル)作成
平日営業時間、開発に集中出来るなら営業日10日で出来るボリューム。

でも、それが許されない貧乏会社
開発は、帰宅後か週末(泣)

もうすぐ完成、自作EDIプログラム



ようやくプログラムの初期バージョンが完成
EDI出荷データのアップロードテストは90%以上で成功!

後は、最終調整(=仕上げ)だけ

同業他社のシステムさんと情報交換したくて電話。
その会話で、衝撃の現実を知り愕然!

え、マジで!

同業他社では専門スタッフ数人でEDIプログラムをチーム開発。
テストを繰り返し、後は開始日を待つだけの余裕状態。

ガーーーン、普通の企業って
専門スタッフのチーム開発!

形部商事は、夜な夜な1人でコツコツ開発。
EDI開発チーム名

チーム:ひとり

漫才師「劇団ひとり」みたい・・・
これが大手と中小の違いですね!

まぁ、逆に考えれば、この10年で開発したEDIシステムは10本超

1人の努力で1500~2000万円くらい
IT経費節約できましたかも・・

でも、何もかも1人でやるのって限界が来る!

それが今年かも

マジ、限界・・・
疲れた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。