EDI出荷検品端末の世代交代が無事完了!

最近、零細卸問屋を苦しめるのが小売店が手軽に始められるEDIホスティングサービス!?

システム屋ごとに仕様が違うので、契約した得意先の数だけEDI対応プログラムが必要。
それを外注するとシステム開発費がとんでもない金額になっちゃう!

で、お金のない形部商事は全部MS-Accessで自作。

だからシステム開発費はゼロ円

ただ、僕の睡眠時間が減るだけ

僕のプログラムは、操作ボタンを大きくしタッチパネルで操作する”なんちゃってタブレット”プログラム。

5年使ったWindows7「Acer ICONIAタブレットPC W500」の調子が悪くなり買い替えを検討中、他の部門で使われていないタブレットPCを発見!

それを没収しEDI用にセットアップしました。
10インチから8インチに画面が小さくなったので、すべての操作ボタンをより大きくリサイズするのにちょっと手こずりました!

20180507EDI出荷検品システムをリニューアル


ほんとは10インチタブレットが欲しかったのに・・・
使いもしないものを考えなしに買うやつ、ほんと困り者

(31 views)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。