この1週間は、キツかった!
特に先週の今頃が1番辛かった・・・・

金曜朝、オフコン操作用端末3号機が突然死!
メモリー、CPU、電源ユニットを代えてもBIOSまで行き着かないので、故障原因はマザーボードかな・・・・

パソコン組み立て経験なら100台近くある有る私、ただ動くだけのマシンなら簡単につくれます。
でもオフコン用の設定が僕にはブラックボックス(=未経験)でよくわからない!

こんな追い込まれた時は、あの”神フロッピー”!
中小企業最強の助っ人ソフトウェア「ノートンGHOST」

出来ることはハードディスクのクローン作り。

僕のガラクタコレクションから端末1号機と同じ世代のパソコン部品をかき集めマシンを組み立てる。

そして、GHOSTの出番!
端末1号機のハードディスクのディスクイメージを別の空ディスクに焼き付ける(=クローンを作る)!

これを”寄せ集めマシン”に繋げば端末1号クローン機が完成!
IP、PC名、プリンタ名等を端末3号機用に変えれば、オフコン用各種設定済み「端末3号機モドキ」の完成です!

でもこのモドキ君、どうしても帳票印字だけは動かず、自力での解決を諦めオフコン屋さんに助けてもらいました。

んんん~、現在構築中の新システム完成までなんとかこいつを使い続けなければ・・・・・
オフコン君、もう半年だけ頑張って!

専門IT技術者を雇えない田舎弱小企業経営者の暗黒のシステムインテギュレーションは続きそう・・・・・

201704壊れた端末

(133 views)

This article has 2 comments

  1. ko Reply

    C社製、Axxx2100シリーズでの業務印刷の方法でクライアント側からの印刷をするためには
    専用ソフト(多分caplin)が必要なためでしょうね。
    最初の初期設定時にサーバー側から印刷する方法を取っていればクライアント側は
    接続のソフト(RDP)で済んだのですが...今となっては遅いです

    新業務が稼働するまで頑張ってください

    • かたべ Reply

      コメントありがとうございます。
      あと半年頑張ります!

      次のはSQLサーバと接続さえすれば動くようなので保守は楽そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。