FileMakerGoで開発しいた「なんちゃってハンディーターミナルアプリ」はようやく完成したかな・・・

テストして問題になったのが2つ

1:薄暗い倉庫内ではカメラを使ったバーコードスキャンは非実用的。

その上でバッテリーもバカ食いするので、Bluetoothバーコードリーダーと併用出来るように切替ラジオボタンを大きくど真ん中に移動。

FileMakerGO13の10キーボードは優秀!
Android OSと違いBluetoothスキャナーを認識中でも表示してくれるので、数量・単価の入力が出来る。

2:もう1つの問題は、FileMakerGOかiOSの仕様なので諦めました。

FileMakerGOアプリでエクスポートされるテキストファイルの改行コードCRなんです。
オフコンへインポートさせる為、改行コードをCRLFにしたかったんだけど無理なのね

ファイル書き出し時にダイアログボックスを出し、「メール送信」か「表示」を選択させ、「表示」の場合はUIDocumentInteractionController経由でパソコンへ持ち込む。

後は、手作業!
改行コードをCRLFで保存し直し、オフコン上の指定フォルダーへ置く(面倒だ!)

FileMakerGOなんちゃってハンディーターミナル完成かな・・

基幹システムへ読み込ませるのに2手間必要なこととiPod touchの4インチ液晶画面が小さいことで社内での評判はいまひとつ・・・

FileMaker12で作ったVer.1に続き、FMP13のVer.2「なんちゃってハンディーターミナル」もお蔵入りかな・・・・

マイクロソフトさん、売れていないWindows Phone OSのテコ入れにVBAが動く「MS-Access GO」を発売して下さい!

7インチWindows Phone TabletとMS-Access GOが販売されたら、ITへの予算が限られてる中小企業は、たくさん買うと思うはず!

出れば、形部商事も10台買います

 

(180 views)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。