ハンディターミナルアプリ自作の為に「AppyBuilder」有料メンバーになったのは2014年10月だったかな・・・

[AppyBuilder]

ハンディシステムが老朽化。
自作できないかなとVisual Basic、JAVA本を読んではみたが難しすぎて挫折。

たまたま知ったのがAndroidスマホ用プログラムが簡単に作れる教育用ビジュアル開発環境「App Inventor」

[MIT App Inventor]

ダメもとでGoogle検索「SQLite  App Inventor」をしてみました。

で、見つけたのが「AppyBuilder」社長のブログ
そしてメンバーに・・・

[Using SQLite component with ListPicker–Hossein Amerkashi’s Blog]

App InventorでSQLiteが扱えたら、かなり複雑なアプリでも超簡単プログラミング!

あれから3年、Androidが4.2、4.4、5、6、7、8・・・・とバージョンアップ!
そしてversion 5で登場したのがマテリアルデザイン。

マテリアルデザイン

すると、「AppyBuilder」にマテリアルデザインアプリが作れる新サービスGOLD Plan(月額8ドル)が登場。
僕がハンディターミナルアプリを作った環境は、Silver Plan(月額5ドル)という名になった。

で本題

ライブテスト用コンパニオンアプリがGOLD Plan用だけアップグレード。
アイコンも新しくなった!

左上がGOLDの新アイコン、右上がアップグレードされないSilverのアイコン。
自作ハンディターミナルの新アイコン


あれ、Silver Planはアップグレードしないの?

が~ん、AppBuilderのホームページを見たらSilver Planが無い!

2種類のサービスを運営するのがたいへんなのかSilverを止めちゃってる!
そう言えば、ここ最近新機能が追加されるのはGold Planのみだった!

えええええ、Silverで作った僕のアプリどうなるの!?

AppyBuilderからsilverプランが消えてる!


試しに、まだ普通に使えてるSilverサーバからソースをダウンロード。
Goldサーバにインポートしてみると・・・・

あぁ、出来た!
以前はエラーで止まったのに・・・・・・

で、試しにインストーラを作ってみると・・・

あぁ、作れた!

あれ、と言うことは僕のハンディターミナルアプリがマテリアルデザインの最新ルックに生まれ変わったの!?

Android4時代のSilver Planのルックがこれ
AppyBuilderからsilverプランが消えてる!


で、マテリアルデザインのルックがこれ!(ZenfoneAR:Android7)

なんじゃコレ!
最新ルックと言うより70年代サイケデリック風

モニターサイズを取得して操作画面をリサイズする機能も動かず一部がはみ出し操作出来ないよ・・・

マテリアル版を普通に使えるように調整するのは、ちょっと手間かかりそう・・・

AppyBuilderからsilverプランが消えてる!

(57 views)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。