積み木感覚でプログラム部品を並べてプログラミングする無料の教育用開発環境「App Inventor」

[MIT App Inventor]

これに独自機能をてんこ盛り追加したのが有料サービス「AppyBuilder」
このAppyBuilderのおかげで、素人の僕でもAndroidスマホ用ハンディターミナルアプリが簡単に作れました。

[AppyBuilder]

最近、このアプリに追加機能を次々加えていたらブロックが多くなりすぎFullHD(1920 x 1080)モニターでは画面が狭すぎてプログラムングし辛い状況に!
ちなみに僕のハンディターミナルアプリは、約3000個のブロックで出来てます。

あぁ~、4K(3840 x 2160)モニター欲しいよ・・・・・と思ってたら好機到来!

今開発中の新基幹業務システム用サーバマシンにFullHDモニターが必要になり僕のモニターを会社に持参!
で、その代わりに4Kモニター買っちゃいました!

3万円代の最安中国製!
これなら経費で落としてくれるはず!
いや経費で落として当たり前の備品購入。

FullHDと4Kで一度に表示できるブロック数の比較がこれ!
4K(3840×2180 テキスト表示100% chrome25%縮小)表示と比べると、FullHD(1980×1080 テキスト表示100% chrome25%縮小)表示はこんなに狭い!
AppInventor開発には4Kモニター

Chrome25%表示では文字が読めず開発は無理。
下がChrome67%表示で、無理せず字が読める限界の縮小率。
1画面にこれだけブロックが表示できれば開発はかなり楽になります。
AppInventor開発には4Kモニター

んんん、もっと高い機種がよかったな・・・・・・
やっぱ、3万円の4Kは画質がいまひとつ

(21 views)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。