素人でも簡単にAndroidスマホ用SQLデータベースアプリが作れるのが「AppyBuilder」。

積み木感覚でプログラムブロックを並べるビジュアル系開発言語「AppInventor」に、独自拡張機能をてんこ盛り追加した有料版サービスが「AppyBuilder」です。

[AppyBuilder]
[App Inventor(オリジナルサービス)]

Google検索「App Inventor+SQLite」でたまたま見つけ「AppyBuilder」会員になって3年目かな・・・

[Using SQLite component with ListPicker–Hossein Amerkashi’s Blog]

これが実際のSQLプログラム。
恐ろしい程、簡単でしょ!
「RunQuery」ブロックにテキストボックス挿し込んでSQLを書くだけ!
ド素人の私でも、すらすらプログラミング出来るんです!




我が社のハンディターミナルシステムは、このサービスでアプリを自作。
2,3万円の格安スマホで動かすケチケチシステムなんです。

11台のハンディターミナルシステム構築で、掛けた費用は約30万円以下!
安いでしょ?

で今やってるのが、この秋導入予定で開発中の新基幹業務システム向けのアプリ改造!

お中元・お盆商戦が終り時間が出来たので久々に開発再開・・・・

新機能は3つ、「返品入力」「プライスカードデータ収集」そして「出荷検品」

その中の「返品入力」「プライスカード」がほぼ完成!
棚卸画面に入力項目を追加。
3モード(棚卸・返品・プライスカード)切替リストボックで、入力項目の表示・非表示とカーソル移動順をコントロール。

エクスポートする固定長ファイルのファイル名とデータレイアウトも切り替えます。

せっかくなのでアイコンも一新!
新しいのは今風のシンプルデザイン。
自作ハンディターミナルの新アイコン


ハンディアプリの新旧アイコンとAppyBuilderのライブテスト用コンパニオンアプリアイコン(Gold Plan(マテリアルデザイン用)+Silver Plan)を並べてみました。
< 自作ハンディターミナルの新アイコン


追加した画面は、分かりやすいように色分けしています。
綺麗でしょ!
自作ハンディターミナル機能拡張中


最後は、1番難易度が高い「出荷検品」画面
元からある棚卸画面のカスタマイズでは無く、新規画面を追加しての作り込みが必要。
んんん~、面倒くさそう・・・・

9月中の深夜と週末は、この画面開発に追われそうです。

(94 views)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。