拡張機能が盛りだくさん付いてる有料版App Inventor2サービス「AppyBuilder」で作った僕のアプリ「貧社のハンディーターミナル」

[AppyBuilder]
[Hossein Amerkashi’s Blog(Hossein社長ブログ)]

FTP機能を実装すべく久しぶりに大掛りなプログラム修正を行いました。
その際、つくづく感じたことがあります。それは・・

4K(3840×2160ドット)モニターが有ればApp Inventor開発が100倍楽になるハズ!

その理由は、僕のフルHD(1920×1080ドット)モニターでは解像度が低過ぎて一度に表示出来るプログラムブロック数が少ない為。
それに加え、僕のアプリが重過ぎる為か、スクロールが超・超・超・超・・・遅く、行きたい場所へ自由に行けないんです。

画面が小さい、その上でスクロールも自由に出来ない環境でのAppInventor開発って、すごいストレス!

下の画像は、フルHDモニターでブロックプログラムを33%縮小で全画面表示した様子。
1度に表示出来るのはプログラム全体の1/3くらいかな!?
なお、33%縮小では文字は読めません。
字が読めるギリギリ65%縮小だと、一度に表示出来るのはブロック300個くらいです。
App Inventor開発の必需品、4Kモニターが欲しい!

これがフルHDモニター100%表示。
ブロック100個も表示出来ません。
App Inventor開発の必需品、4Kモニターが欲しい!

ハンディーターミナルアプリの肝「受注画面」で使用しているブロックは1500個以上!
このプログラム修正が苦痛なんです:cry:
プログラムが重過ぎる為か、スクロールが思うように出来ず、修正したい場所へたどり着くだけで大仕事🙁

画面移動が亀を越してカタツムリ速度で、超スロー 🙁

ちなみに下の画像は、「受注画面」のソフト10キープログラムのメイン部。
この固まりだけでブロック900個以上!
この上下スクロールだけで、毎回イライラ・・・・・:-(

App Inventor開発の必需品、4Kモニターが欲しい!

あああ〜、4Kモニターが欲しい!
ネットで見つけた関連ページによれば、4KってフルHDの4倍の表示能力が有るんですね!

これなら、「受注画面」ソフト10キー部を、スクロール無しで全表示出来るかも・・・・・

(200 views)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。