アメリカから個人輸入でChromebit(85ドル)を買ってみました。
ステック型でモニターのHDMI端子へ直挿しするコンピューターです。
基本ソフトは、知る人ぞ知るChrome OS。

中身は超軽量で、コンピュータの起動部分とChromeブラウザーだけ!
電源を入れ2,3秒で、直ぐに使い始められるのが特徴。

何かしたいときはChromeブラウザー上で動くWEBベースのアプリをインストールして使います。

AppInventor開発:chromebit上でも僕のアプリが動きました

取りあえずChromebitに、Chrome上でAndroidアプリを動かすエミュレーターソフト「ARC Welder」をインストール。

僕のApp Inventor2製「貧社のハンディーターミナル」アプリが動くか試してみました。

結果は、問題なし

AppInventor開発:chromebit上でも僕のアプリが動きました

「ARC Welder」のアプリ追加画面から、僕のハンディーターミナルアプリのAPKファイル(Androidインストーラー)を読み込ませると・・・
AppInventor開発:chromebit上でも僕のアプリが動きました

ハンディーターミナルアプリの棚卸し画面は普通に使えました。
AppInventor開発:chromebit上でも僕のアプリが動きました

アプリランチャーに「ARC Welder」と僕のアプリが登録されています。
AppInventor開発:chromebit上でも僕のアプリが動きました

わぁーーーーい、これは面白い

85ドル(10000円)の安価なメンテナンスフリーパソコンで、お手軽にソフトが作れるApp Inventor2アプリが動くのはすごいぞ!

これって、実務に使えるキヨスク端末が素人でも作れるってことだ!
何か仕事に役立つタッチパネルシステムが作れないかな・・・

出荷検品端末とか作れるかも・・・・・・

(137 views)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。