2週間悩んだ末、清水の舞台から飛び降りるつもりで申し込んだ見知らぬサービス:SQLite接続機能を持った有料AppInventor2サービス「AI2LiveCompleteクラウド」

[Inquiry Ai2LiveComplete]

申込んだ去年10月4日から13ケ月が経ちました:roll:

初回設定料69ドル+月額利用料5ドル×13ヶ月=134ドル
PayPalの手数料上乗せレートが1ドル124円くらいだから、これまでに払った日本円は17000円くらい。

プログラムも完成したのでそろそろ解約しようかな・・・・
そういえば、解約ってどうするんだ?

まぁ焦ることも無いか、月額利用料は5ドルだから・・・・・

取りあえずは12月末日解約を前提で「無くても大丈夫。でも、有ったら良いな」的機能を作り込んで行こう!

で、早速作り始めたのがMS-Accessならウィザード画面でOKボタンを押すだけで簡単に作れる[前レコード][次レコード]ボタン。
さて、AppInventor2+SQLiteだとどう作ればいいのかな?

AppInventor2+SQLiteアプリに[前レコード][次レコード]ボタンが欲しい
AppInventor2+SQLiteアプリに[前レコード][次レコード]ボタンが欲しい

SQLiteでAUTOINCREMENTのPRIMARY KEYってどう取るの:-(

疑問が湧けばすぐGoogle検索。

「sqlite next record」でググると、すぐに答えが見つかりました!

[Select Next and Previous row data SQLite]

なるほど、以外に簡単!
LIMIT 1なのね:-D
AppInventor2+SQLiteアプリに[前レコード][次レコード]ボタンが欲しい

で、完成したのがこのプログラム。
前・次レコードを取得するプログラムはすぐに完成。
苦心したのは、そのボタン自体を表示させる場所が無かったこと。
悩んだ末に、前・次ボタンを表示する時だけ一番表示面積が大きい商品名を縮めることにしました。
AppInventor2+SQLiteアプリに[前レコード][次レコード]ボタンが欲しい

完成したボタンの見た目はこんな感じです。
なんかAccessっぽいな・・・ 🙂
AppInventor2+SQLiteアプリに[前レコード][次レコード]ボタンが欲しい

棚卸画面の、前・次ボタンは完成!

次に、画面上の部品が多い受注画面への作り込みにチャレンジするも難航 😮

オートリサイズ機能構築時、入力画面をグリッドデザインで全面作り変えた棚卸と違い、受注画面の部品サイズは全て直書き。
そこに操作しやすいようにと大きめに作った2つのボタンを無理やり挿入したらデザインが崩れちゃいました。

見た目を取り戻すのに半日掛かりました。

(126 views)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。