富士山で言えば9.7合目くらいかな、頂上が見えてる場所まで来ました。
と言っても、富士山に登ったことはありません。

週末、最後のハードルの固定長ファイル生成機能を作り週明け早速テストしました。

最初はエラー、2度目にオフコンへのインポート成功。
でも、小数点の位置が2項目ズレていたのでSQL文を調整。

改めてテストデータをハンディーターミナルアプリに入力
AppInventor開発:安価な中華タブレット用のハンディーターミナルアプリを作るぞ!:文字列を数値へ変換

そのデータを固定長ファイルにエクスポート
AppInventor開発:安価な中華タブレット用のハンディーターミナルアプリを作るぞ!:文字列を数値へ変換

このファイルをオフコンに置いて、すべての準備完了。
いつものように拝めるもの全てに拝み倒してから3回目の実行!

神様、仏様、電脳神様、風神雷神・・・・・・・・・

やったー、動いた!
データのズレも無くすべての値が正しい位置に取り込まれています!

形部商事の自社伝票に印字すると、ちゃんと発行されました!
AppInventor開発:安価な中華タブレット用のハンディーターミナルアプリを作るぞ!:文字列を数値へ変換

んんん、ここまで来るの随分苦労しました。

10月3日に有料AppInventorクラウドサービス「AI2LiveComplete」を申込んで50日くらいかな。
総費用79ドル(9200円)でAndroid用ハンディーターミナルアプリのプロトタイプがもうすぐ完成しそうです。

ちなみに、どうしても解決できない問題が2つ有り、解決策を模索中。
1つは、固定長ファイルの先頭に必ず入る空改行。
これが有ると取込みエラーになるので手動で削除しました。

もう1つは、ファイル名。
オフコンが取り込む受注データの指定ファイル名には拡張子が無い。
AppInventorのSharing componentで拡張子の無いファイルを指定するとパーミションエラーと警告が出て動かないんです!

さて、このAppInventorの仕様が原因の2つの問題、どうすれば解決出来るんだ?

疲れた

FileMaker開発が楽だったかも・・・・・
でもFileMaker開発は頭が変になり精神的に良くないよな・・・

(152 views)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。