相変わらず不安定なマスターインポート周りは別として、棚卸入力画面はほぼ完成。
毎日短時間ながら実務で使い、操作画面の仕上げの作り込みを続けています。

完成まであと一息:lol:

次のお題は、集めたデータを会社へ送る方法を検索。
今は、Activityブロックを使いメール本文に明細を挿入しGmailで送るのが唯一の方法。

出来ればオフコンが直接取り込める固定長ファイルを生成し、指定フォルダーへFTP出来るのがベスト。

そこで「AppInventor+FTP」でGoogle検索。
でも、使えそうな情報が全然見つからない:-(

AppInventorはBlutoothのFTPプロファイルに未対応。

唯一引っかかったのが、AppInventorからanyFTPを呼び出す方法。
でも、設定したが動かない。

[Activity Starter Configuration for App Inventor–Lysesoft]

で結局、使えそうな方法は「ShareFile」ブロックを使うファイル共有。

これを走らすと、ファイル共有対応アプリのリストが表れます。

その中からGoogleDriveを選べばクラウドドライブへ保存。
FTPアプリを選べば、登録済みFTPサーバへUPLOAD。
Gmailを選べば、メール添付で送信できます。

残念なのはSharingFileブロックにはメール送信先が指定出来ないこと。
メール送信する場合、メールアドレスを手入力する手間が発生します。

いろいろ試し一番簡単そうなのがFTPかな!?

まず、社内LANにFTPサーバを構築。
andFTPにこのサーバのログイン情報を設定しておく。
そうすれば、ShareFile実行、andFTP選択、登録済サーバ選択、アップロード完了の流れでIT音痴な人でも棚卸データを指定サーバへアップロード出来そう:lol:

しかし、悲しいかなこの仕組み、1回目はエラーが発生し、2度目で送れるんです。
1度目はファイルが完成する前にShareブロックが動き出しファイルが無いぞとエラーを吐きます。
この部分を調整すれば棚卸アプリほぼ完成かな・・・・・

結局、僕のアプリはデータ送信方法を2種類持たせることにしました。
1つはメール本文に挿入。
もう一つはCSVファイルを作り、そのファイルをファイル共有アプリを自由に選んで送信する方法。

さてな、もう少しで棚卸アプリが完成だ!
ここまで来るのに3.5週か・・・・・
初めてにしては早い方では?

そしていよいよハンディーターミナルアプリの本丸「受注入力画面」の製作だ!

もうすぐ10月が終わる・・・・・
11月にはまた僕のカードから月額利用料5ドルが引き落とされる。
領収書の出ない経費が僕の個人口座から引き落とされていく・・・・ 😮

(123 views)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。