AppInventorの亜種「AI2LiveCompleteクラウド」を使い3週間かけて作った僕の棚卸アプリ。
昨日の実践投入の結果は、大事なデータが飛んでしまいデビュー初日は最悪のスタート。

今日は早起きし、昨日の不具合を直し、かつより使いやすいようにインターフェースを作り直したアプリを持って倉庫へ!

昨日とは違い、今日の入力は素晴らしくスムーズ。

途中、アプリからカメラを起動しバーコードスキャン。
スキャン結果をアプリに返す過程で数回クラッシュ。
これはAndroidOSとカメラとの間の問題。
AppInventorでは制御出来ないことなので、たまに起きるカメラクラッシュは仕様の一部として認識。

お、お、お、お、お、お、順調だぞ!
もしかして、これで「棚卸アプリ」完成かな

(^o^)/(^o^)/(^o^)/(^o^)/(^o^)/(^o^)/

最後の仕上げにデザインの最終調整。
あそこを高くし、ここを広く、その影響でこっちは狭めて・・・・・・

と外見を色々弄っていると、

がーん、デザインが壊れた!:-o

元のデザインに戻しても、エミュレーター上の表示は崩れたまま。
急ぎ、apkファイル(Androidインストールファイル)を作りデバイスへインストールすると、ガーン・・・クラッシュと同時にアプリが死ぬ。
全然使えないぞ!

崩れる前と崩落後の操作画面。
AppInventorのアプリが壊れた

ぼ、ぼ、ぼ、僕の3週間と76ドルのお金の結末は、完成直前でのユーザーインターフェースの崩壊で終わりなの!?

僕はハッピーエンドに成れない星の元に生まれてきたのかも・・・・

悔しいよ!
棚卸アプリ完成直前で、操作画面ががけ崩れのように崩壊してしまった・・・・・ 😕

(134 views)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。