AppInventorの亜種「AL2LiveCompleteオンライン版」でハンディーターミナルアプリ開発を始めて2週間。

右往左往しながらも徐々に形に成りつつあるような・・・:-)

この週末、最初で最大の難問、10000行の商品マスタをBluk Insertするプログラムのプロトタイプが完成。

来週末は、商品マスタ検索画面を作ろうと思っていたら、台風19号四国直撃で今日は急遽臨時休業:-o

時間が出来たので「商品マスタ検索画面」を作ってみました。

出来上がった検索画面がこれ!
AppInventorは、フォントサイズ、色などほとんど変えられないので見た目はいま一つ(残念)

SQLを動的に作るプログラムはこんな感じ
TEXTのJOINとCONTROLのIFを組み合わせれば、自由自在にSQL文が作れるのでとても楽!
AI2LiveComplete(=AppInventor2+SQLite+ドル)だと、直感的に検索機能がガリガリ書けます。
訳の分からんスクリプトステックでチマチマ作るFileMakerとは大違い!

思ってた以上にAppInventorが分かってきたかも!
この調子なら最初の案「次期受注端末は、高価なiPhone6plusと使い難いFileMakerで作ったハンディーターミナルアプリの組み合わ」案は捨てても大丈夫そう:-D

と言うことは、自腹で買ったFileMaker代60000円は無駄銭になるのね・・・・(泣き)

余談ですが、日本語でAppInventorを検索すると90%は「プログラム不要で初心者でも簡単にプログラムが作れます」みたいなページです。

でもこれは大間違い!
AppInventorは、簡単でも無いし、プログラミング知識不要でも無い。

プログラミングで文字を書く代わりにブロック(=抽象化されたプログラムの部品)を並べるのがAppInventor。
どう組合せ、どう並べるかは、プログラミングの知識が無ければきっと分からないと思います。

AccessVBAプログラマが、JAVAに憧れ2年勉強し挫折。
こんな僕にApp Inventorは丁度いい難易度なんです:-)

悔しいよ、僕にJAVAが書けるオツムがあれば、いろいろ迷う必要もないのですが・・・:-(

(107 views)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。