AppInventor2にSQLite接続機能を付けた亜種「AI2LiveCompleteオンライン」で本格開発を初めて1週間。
最近つくづく感じるのは、AppInventorのCSVファイルの取り回しの悪さ。

まぁ、元は、いや今でもAppInventorはプログラミング用教育教材。

CSVファイルのBlukInsertが出来なくて当たり前ではあるけど・・・・・

AppInventorに10000行以上の商品マスタを一発でインポートする方法が見つからず右往左往。

結局、最後の手段を選択。
AI2LiveCompleteを作り、管理運営してるHossein Amerkashiさんが作ってくれた最大500行の縛り付bulk import方法を採用。

[SQLite Bulk Data Load–Hossein Amerkashi’s Blog]

このページを参考に、エラーが起きないbulk import用SQLファイルの雛形を作成。

次に、そのファイルを自動生成するAccesVBAを作りました。

500行毎にTextStreamを閉じて、新しいファイルを作り直すのが超面倒!
ムムム、かなり毛が抜けた気がする(がーん)

AppInvenor「ハンディーターミナルアプリ」が完成する頃には、毛がなくなっているかも・・・・・

AppInventorハンディーターミナルアプリ開発:CSVインポートは最大500行。VBAでマスタを500行ごとに分けて生成

やれやれと、次はAppInventor側の手直しをしなければ・・・・
10000÷500行=20ファイル

Amerkashiさんのサンプルを参考にして作った1ファイル用バルクインポートプログラムを作り変え、LOOPで必要回数(=全マスター数/500+余りがあれば+1回)のファイルを読み込みながらbulk importを繰り返すプログラムを作らねば!

んんん、FileMakerの方が楽だったかも・・・・

でもFileMaker嫌!

外はもううす暗い 🙁
今日もいくらも作れなかったな・・・・・

(102 views)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。