AppInventor2の亜種「有料版:AI2LiveCompleteオンライン版」でハンディーターミナルアプリ開発をスタート。

今までは勉強の為の単一機能アプリしか作ったことがなかった私。
実際の複雑な処理をプロックプログラミングで作り始めるとムムム・・・なかなか難しい:-o

まず最初に、と言うかいきなりツマズイたのがCSV行の第1項目を取り出す方法が分からない:-?

試行錯誤しながら右往左往。

元はプログラミング教育用教材の”App Inventor”。
Google検索してもCSVファイル関連の情報がまったく見つからない。

AppInventorで業務用本格アプリを作ろうとしている人間は僕だけなのかも!?

無謀なことを始めちゃったかな:-o

右往左往してやっと完成したプログラムがこれ

無事、第1項目が取れました
CSV行「32,商品マスターインポート日」からカンマ位置(=X)を取得。
1〜(X位置-1)までを切り出すことでCSV行の第1項目が取れました。

開発初日からツマズいてたら、全体の完成は何年かかるんだろう(がーん)
毎月5ドルの利用料。
後何回払うことになるのかな? 🙁

おとなしくFileMakerGOでハンディーターミナルアプリを作った方が楽なんだろうか?
でも、FileMakerは作り難くてとっても嫌い。
INSERT、UPDATE、DELETE文を使わないデータベース開発って、僕には理解できない 🙁

(199 views)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。