「App Inventor2って何がどこまで出来るんだろう?」と日々勉強

今回は2つの課題
1)WEBサーバからのCSVファイルダウンロード
2)メール送信

まず1つ目、基幹業務システムの商品マスタをCSVファイルに書出せたとして、App Inventorアプリへはどう取り込めばいいの?

いつものようにGoogle検索しながらサイバースペースをウロウロ。

そして見つけたのが本家「MIT App Inventor」サイトで公開していたサンプルアプリ。

[StockQuotes for App Inventor2]

これを参考にしたらCSVファイルの取り込みに成功!

次に2つ目、ハンディーターミナルアプリで集めた受注データをどう会社へ送信するか?

日本語検索では情報が見つからず、英語検索で右往左往。

やっと見つけたのが下のHOWTOページ。

[How to send an eMail–puravidas.com]

この2つのHOWTOページを参考にテストアプリを作ってみました。

このアプリ用にフリーソフトを探し、LAN内にWEBとFTPサーバを構築。

App Inventor2:デザイン画面

App Inventor2:ブロックプログラムはこんな感じ
作るのに半日かかりました。せっかくの晴天の休日が減っていく・・・
と言っても出かける先はパソコンショップかな・・・

Nexsu7で起動直後の画面

ダウンロードを実行すると・・・

よっしゃ、動かすぞ!
あれ、文字化けしてる!
そういえばgoogleさんのWEBサービスはみんなUTF8だったよな・・?

Shift-JISのCSVファイルをUFT8に保存し直しFTP。そして再実行

動いた!
sjisをUTF8に自動変換するテクニックを探さねば・・・・

メール送信ボタンを押すと
gmailに切り替わり、送信先、タイトル、本文が自動挿入されています。

飛んできたGmailを開くと文字化けもなく届きました

App Inventor2でハンディーターミナルアプリ開発に必要なテクニックは一通り勉強できたかな?

いよいよ本格的に開発を始めるか!

安価であることを期待している大型液晶をもった「iPod touch6」が2万円台で発売されれば完成済みのFileMaker13製「ハンディーターミナルアプリ」と組み合わせて動かす。

それまでにApp Inventor2で「ハンディーターミナルアプリ」が形になれば安い中華タブレットがわが社の次期ハンディーターミナルになる(かな)!

最後に独り言:

個人的な感想ですが、App Inventor2はFileMakerより開発しやすいです。

なぜかと言えば、ネットで見つかる情報は多いから。
Google検索で見つかるFileMaker関連の情報量が1ならApp Inventor2の情報は100倍多いです。
その上で、Filemaker関連で出てくる8割はFilemaker自体のオンラインヘルプ。
残り2割の情報も、役立つ内容はほとんどない。

それと比べAppInventorは、同じ様な悩みをもった開発者の情報交換場所が山ほどあり、だいたいの答えはそこで見つかります。
まぁ、99%英語で辞書と格闘しながらの情報収集ですけど、ゼロよりずっとマシです 🙂

(207 views)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。