毎晩、AppInventor2の実験中・・・

今日のテーマは
「FusionTables上の商品マスタをJAN検索できる状態でtinyDBへ保存する」

tinyDBは超シンプル。
項目は2つ、検索キーで使う「tag」と実データを保存する「value」のみ!

ムムム・・・、これで商品マスタが作れるのか?
と言うか、どう考えても作る方法は1つしか無い!
「tag」にJANコードを入れて、「value」にそれ以外のマスタ情報を固定長で保存。
JANコードで検索した際、「value」を「segment text start length」ブロックで分解して各項目のラベルとテキストに貼っていく。

一晩中、右往左往し続け・・・・やったー出来た!

74行の保存に2秒くらい
JANコード検索で結果が出てくるのは一瞬。

デザインビューはこんな感じ
AppInventorのtinyDBで商品マスタっぽいこと出来るかな?

苦労して作ったプログラムがこれ
AppInventorのtinyDBで商品マスタっぽいこと出来るかな?

Nexsu7で動かしたところ
AppInventorのtinyDBで商品マスタっぽいこと出来るかな?

プログラムが正常なら、FusionTablesから降ってきた商品情報は2つの分かれ、JANコードはtinyDBの「tag」、商品名は「vale」に保存されてるはず。

JANコードを入力し「JAN検索tinyDB」ボタンを押すと・・・・
動いた!
正しい商品名が表示されました。

AppInventorのtinyDBで商品マスタっぽいこと出来るかな?

やれやれ、最初の第一歩はクリアできた。
でも、もっと作りこまないと使い物にはならないな・・・

JANコードが8桁、JANコードが無い場合の処理を考えないと・・・
そもそも実データ、オーバー10000行が保存できるのかな?

ちょっと疲れてきたな 😮

おとなしく初心に戻り、iPhone6plusとFileMakerGO13アプリの組み合わせでハンディーターミナルを作った方が楽かも・・・(きっと絶対楽)

でも、Filemakerがどうしても好きになれない!
と言うかスクリプトステップがとろくて大嫌い:-(

さて、この道を進むべきか、それとも分かれ道まで戻って考えなおすべきか・・・

取りあえず10月発売と噂されてる大型液晶を持つ新型「iPod touch 6」発表まではAppInventor2の勉強を続けよう。

(124 views)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。