INSERT画面の作り方がだいたい分かったので、実際の入力画面を作ろうかと思ったら・・・・

あれ嫌な予感:-o

電卓を叩くかのようなスピードで受注入力が出来なければ仕事には使えないな・・・・

でも、この仕様ではネット経由で、しかも保存するのは供用利用のクラウドデータベース。

もしかしてスゲー遅いかも・・・ 😕

早速、Fusion Tableへのinsert時間を計ってみました。

雛形INSERT文を作り、数量だけを1、2、3、4、5、6・・・と変えてFusionサーバへ連続送信。

すると、ガーン!
スゲー遅い

1レコードの処理に2.5秒もかかってる!
10行追加するのに25秒もかかってはハンディーターミナルとしては遅すぎて使い物にならない:-o

超ショック!

やれやれ、八方ふさがりだ!
最後は、唯一可能性が残るMr.Hossein Amerkashiが作ったAppInventor2拡張版「AI2Complete」に再チャレンジするしか道は残ってないみたい 🙁

[Ai2LiveComplete–Hossein Amerkashi’s Blog] [参考にしたHosseinさんのSQLiteサンプルプログラム]

やっぱ、ハンディーターミナルのデータベースは端末に内蔵しないと実用的な処理スピードは出ませんよね 😕

あの、100%エラーが発生する「sqlite接続機能」に再挑戦だ。

X App Inventor2でSQLiteが使えるAi2LiveCompleteに挑戦。でも・・

これでダメならFilemakerGOアプリを使うしかないか・・・・
でも嫌だな、FileMaker嫌い!

(133 views)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。