「高価なiPhoneプラスFileMakerは止め!
安いAndroid中華タブレットでハンディーターミナルは作れないか?」
と始めたいつもの場当り的思いつき開発。

今回は、App Inventor2。

App InventorでSQLデータベース開発をする方法を夜な夜なgoogle検索。
最初に見つけたのがHossein Amerkashiさん作sqlite対応版AI2「AI2Complete」

[Ai2LiveComplete–Hossein Amerkashi’s Blog]

でも、このApp Inventor2の亜種、僕の3台のデバイス全てで動きません!
Android4.4.2のNexsu7、4.1のLGスマホ、2.3のLGスマホ、みんなエラーで即クラッシュ!

このソフトを諦め、第2のSQL開発方法は無いかと検索再開!

そしたら、あれ!
App Inventorにはネイティブで接続できるデータベースがある!
がーん、この数日は何だったの!? 😮

googleが試験運用中のクラウドデータベースサービス「Fusion Table」に接続するネイティブな環境が用意されていました!

下のApp Inventor2のtutorialを読みながら右往左往。

[Pizza Party with Fusion Tables for App Inventor 2–MIT]

1:利用中のChromeブラウザーにFusionTableアドオンアプリをインストール
2:Google Driveでテスト用Fusion Tableのテストテーブルを作り、ダミーデータCSVをインポート
3:テストテーブルに限定共有をかける。
4:Goole Developer ConsoleでAPIキーを作る
5:AppInventorアプリを作り、FusionTableブロックを追加
6:アプリに、TABLE名、テーブルID、APIキーを設定。
7:そしてアプリを作りこむ

[About Fusion Tables] [Google Developers Console]

そして、ようやくSELECT FROM WHEREが作れました(ほっと)
ここまで来れば、INSERT、UPDATE、DELETEに手が届きそうです。

MIT App Inventor2のデザインビュー

MIT App Inventor2のブロックビュー

Nexus7での実行画面

検索出来た!日本語も使えます。
日本語を使ったコラム名はエラー。
コラム指定を”col0,1,2,3〜x”と変えたら動きました。
ワイルドカードはパーセント記号”%”でした。

それにしても・・・・・・・

ローカルで動くSQLiteと違い、ネットに繋がっていなければ中身が空っぽのクラウドシステム!
徳島の山間部には、LTE無しが当たり前、3GのFOMAプラスエリアの圏外もまだまだ広い現状で頑張って作っても、動かせるエリアが限られてしまうかも・・・・ 🙁

やっぱHosseinさんのSQLiteが使いたいな・・・・(残念)

(257 views)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。